先輩インタビュー

先輩インタビュー

高洲マミー保育園 園長

大隅 亮さん

アイデアはどんどん実行して仕事を任される園長になりたい

亀戸福祉会館・第二児童館 館長

星 緑さん

利用者に喜んでもらえるチームワークの良い職場にしていきたい

亀戸福祉会館・第二児童館 主任指導員補佐

佐藤 武尊さん

失敗を恐れず何にでも挑戦して目標とされる先輩になりたい

きっずクラブ水神 主任指導員

福世 崇志さん

児童がもっと楽しく学校に来たいと思える環境を創りたい

きっずクラブ南陽 指導員

伊藤 唯さん

児童のお手本になれるように指導員としてもっと成長したい

きっずクラブ七砂 主任指導員補佐

岸 瞭汰さん

子ども達にとって頼れる先生になって自分も成長したい

マミー保育園 新川崎

遠藤 芙祐加さん

子ども達も私たちも毎日笑顔で居られる園を創っていきたい

マミー保育園 二俣川

小笠原 沙織さん

子どもの気持ちに寄り添った保育ができるよう知識を身につけたい

 

高洲マミー保育園 園長 大隅 亮さん 【平成21年度(2009年度)専門学校卒業】

卒業後から現在にいたる経歴

専門学校を卒業してから会社員として働きまして、その後24時間保育の施設に転職してました。その後、独立して託児所を開設して数年間運営しましたが、再び会社員として働きました。認可保育園を経てマミーに入社して、まずは保育士をして2年目で副園長、3年目で園長と自分が思い描いたものより早くステップアップできました。

 

マミーへの入社の決め手は?

社員の立場や環境に関わらず、全社員を家族のように思い大切にしている社風を感じて即決しました。採用試験や面接の時にも子ども達を第一に考えた保育園を運営している、より明るい園を創っていく会社の雰囲気が伝わってきて、これまでの経験を活かして自分の強みを活かせそうだと確信しました。

 

将来、マミーでしたいこと、なりたいことは?

伊藤社長が最高のお手本です。関わる人みんなを笑顔に、元気にして、毎日充実して働けるようにもっとたくさんの経験を積んでいきたいです。また、これは良いと思ったアイデアはどんどん実行して、あいつは有言実行だ!と仕事を任される園長になって、社内でも社外でも周囲を明るくして信頼される人になりたいです。

 

亀戸福祉会館・第二児童館 館長 星 緑さん 【昭和60年度(1985年度)専門学校卒業】

卒業後から現在にいたる経歴

専門学校を卒業してから、9年間認可保育園で保育士として働き、出産を機に退職して16年間専業主婦をしていましたが、またこれまでの経験を活かして仕事がしたいと思いマミーに入社しました。1年目は指導員として、2年目からは主任として、現在は指定管理施設の館長として働いています。

 

マミーへの入社の決め手は?

知り合いがマミーで働いてたので、仕事の内容や会社の様子を聞いて保育士資格を活かしてまた仕事がしたいと思いました。現場から離れて年数が経っていましたから不安もありましたが、色々な会社や保育園の求人と比べてマミーは復帰するためのバックアップ体制が整っていて、安心して現場に復帰できました。

 

将来、マミーでしたいこと、なりたいことは?

現在施設長という立場で働かせていただき、色々な先生とかかわることで自分自身もたくさんの刺激を受けています。利用者の方々にも喜んでもらえる、職員が社会人として成長できる職場を目指していきます。スキルアップだけでなく人として成長でき、またお互いのことを考えながら、チームワークの良い職場にしていきたいです。

 

亀戸福祉会館・第二児童館 主任指導員補佐 佐藤 武尊さん 【平成27年度(2015年度)大学卒業】

卒業後から現在にいたる経歴

大学を卒業してマミー入社後、きっずクラブで指導員として放課後支援の仕事を2年、3年目に亀戸福祉会館・第二児童館に異動して、現在は主任指導員補佐として働いています。

 

マミーへの入社の決め手は?

社風や会社の理念を見て、より子どもや地域を深く関わりが持てる仕事ができると感じ、運営している園や施設が多く、自分に合う現場を任せてもらえそうだと思いました。面接の際に主任に「一緒に働きましょう!」と言っていただいて、この会社なら自分のスキルアップにつながるやりがいのある仕事ができると確信しました。

 

将来、マミーでしたいこと、なりたいことは?

放課後支援の現場や今の施設の上司や先輩方が目標です。日々子ども達や施設の利用者の皆さんと接していて、明るい現場を創っていける、もっと頼り甲斐があり仕事を任される人にならなければと感じます。失敗を恐れず何にでも挑戦して、様々な壁を逃げずに乗り越えていける、自分も後輩の目標にされる人になりたいです。

 

きっずクラブ水神 主任指導員 福世 崇志さん 【平成20年度(2008年度)専門学校卒業】

卒業後から現在にいたる経歴

専門学校卒業後、新卒でマミーに入社しました。きっずクラブで指導員として5年働き6年目で主任補佐になり、7年目で主任に昇格して現在に至ります。

 

マミーへの入社の決め手は?

元々子どもが好きで子どもに接する仕事がしたいと考えていました。マミーの求人を見て、学校施設を活用した放課後支援に力を入れていることを知り、自分が求めていた仕事ができると思い応募しました。教育機関の中で放課後を利用して子ども達の好奇心や可能性を伸ばすカリキュラムに非常に魅力を感じます。

 

将来、マミーでしたいこと、なりたいことは?

児童がもっと楽しく学校に来たい、と思えるきっずクラブを創っていきたいです。児童に対して子どもとして接するのではなく、一人の人間として一緒に笑い、注意する時はしっかり注意し、一人一人の考えや悩みなどを親身になって聞いてあげて、より成長していけるようにもっと経験を積んでスキルアップしていきたいです。

 

きっずクラブ南陽 指導員 伊藤 唯さん 【平成29年度(2017年度)短大卒業】

卒業後から現在にいたる経歴

保育・子どもに関わる仕事に就きたいと夢があり短大に入って資格取得し、卒業後新卒でマミーに入社しました。

 

マミーへの入社の決め手は?

放課後支援事業を見て、児童と関わり、自分の良いところを伸ばしていける環境だと感じで応募しました。親の代わりにもなり、友達のようにもなり、自分の思いが子ども達に伝わる仕事だと思います。現場面接の際に、笑顔で過ごしているこどもたちや先生方の姿を見て、安心して働ける現場であると感じました。
 

将来、マミーでしたいこと、なりたいことは?

児童のお手本になれるように、まず私自身が指導員として成長しなければと日々思います。楽しい時は一緒に楽しんで、しっかりしなければいけない時は児童にしっかりと伝える、メリハリをキチンとつけられるようになりたいです。現場の先輩方のように「怒らない指導」を身につけて、もっと成長していきたいです。

 

きっずクラブ七砂 主任指導員補佐 岸 瞭汰さん 【平成24年度(2012年度)大学卒業】

卒業後から現在にいたる経歴

大学卒業後に入社、きっずクラブ亀高に1年七砂に1年、指導員として働き、現在は主任補佐として3年目になりました。

 

マミーへの入社の決め手は?

自分の特技や、やってみたいことをイベントとしてもやらせてもらえる環境に興味を持ちました。児童が成長してしっかりとした人間関係や取り組む姿勢がより育むことができる手伝いができる場がマミーにはあると思います。充実した研修制度、後輩育成制度があるので新卒でも安心して現場で働くことができます。

 

将来、マミーでしたいこと、なりたいことは?

ただ口うるさいだけの管理者ではなく、子ども達にとって頼れる先生として良き相談相手になれるように毎日が勉強です。学校を終えた子ども達が、のびのび過ごせる環境を創っていける指導員になり、なおかつ自分の得意分野を活かして、より児童の可能性が広がる指導ができるようになっていきたいです。

 

マミー保育園 新川崎 遠藤 芙祐加さん 【平成29年度(2017年度)短大卒業】

卒業後から現在にいたる経歴

元々子どもや保育に携わる仕事がしたくて、短大で保育士の資格をとり卒業後、新卒で入社しました。

 

マミーへの入社の決め手は?

社会人1年目なので、一人暮らし応援制度が魅力的でした。また、採用試験の時に保育園の現場に実際行っての面接がありました。学校では勉強し切れない実際の保育の現場を体験できて、新卒の私が卒業後に現場で働くということがイメージしやすく、すんなりと現場に馴染むことができるだろうな、と期待と希望が持てました。

 

将来、マミーでしたいこと、なりたいことは?

新卒でまだまだ勉強しなければいけないことはたくさんありますが、まずは保育士の私たちが楽しい雰囲気で働き、子ども達が毎日笑顔で居られる楽しい園を創って行きたいです。子ども達と遊ぶときはもちろんですが、私たち保育士と子ども達が協力しあって暖かい場所になるように、いつも笑顔を大切にしていきたいです。

 

マミー保育園 二俣川 小笠原 沙織さん 【平成18年度(2006年度)短大卒業】

卒業後から現在にいたる経歴

短大卒業後、新卒でテレビ制作の仕事に2年間携わっていました。その後、子どもに携わる仕事に就きたくて保育士に転職し最初の保育園で3年半、その後別の園に転職し1年働きました。結婚後、出産で退職し専業主婦をしていたのですが、育児も落ち着き、2018年の4月にマミーに入社し保育士として復帰しました。

 

マミーへの入社の決め手は?

マミーのホームページの「先輩からの声」のママ保育士のコメントを見て、私もマミーで一緒に仕事をしたいを思いました。子どもがまだ小さいので、勤務形態を相談しながら自分の生活リズムに合わせた働き方を選べるところにとても魅力を感じました。仕事と家庭を両立してまた保育士として仕事ができるので充実しています。

 

将来、マミーでしたいこと、なりたいことは?

今働いている二俣川園の先輩方は皆さん子ども達に真剣に向き合って、毎日の保育をもっとよくしていこうという熱い方々ばかりで、毎日の仕事からたくさんのことを学んでいます。今後も子どもの気持ちに寄り添った保育ができるように、これまでの保育士経験プラス色々な研修などを通して知識を身につけて行きたいです。

 

PAGE TOP